シール印刷 | ラベル印刷 小ロットから業務用ロットのシール、成分表示、販促ラベル・PL警告ラベル、データからの一貫制作だから、安心です!
[本文はここから]

シール印刷の素材を選ぶ

紙系素材

上質

一般的なコピー用紙をシールにした紙系のシール素材で、特別な表面加工を施していない印刷・加工に適したベーシックな印刷素材です。白だけでなく、ピンクや水色などの色上質と呼ばれるシール素材もご用意できます。一般的に最もよく使用されているシール素材です。

アートコート

上質紙の表面に顔料をコートしたもので、凹凸のないマット(艶消し)タイプの一般的な紙シール素材です。高級シール印刷用途に適しています。

ミラーコート

アートコートよりも更に凹凸を少なく、さらに光沢をつけたもので高級感のあるシール素材です。ミラーコートの他にグロスと呼ばれる事もあります。

金・銀ホイル

折り紙の金紙・銀紙をシール素材に加工したものと言えば分かりやすいかもしれません。平らな薄い上質シール素材を数ミクロンの薄いアルミ箔で被った様な構造であり、金色・銀色の2種類をご用意できます。各々、艶ありと艶消しを選択できます。

和紙

和紙の風合いを活かしたシール材料です。落ち着いた雰囲気のシールに適しています。

クラフト

茶封筒の色と言えばクラフトが有名ですが、クラフトはシールの材料としても使われています。ナチュラルなイメージが湧いてくるシール材料ですから、自然派志向の企業、ショップなどで多く使われています。クラフトの色は目的に応じて、「濃」「淡」の2種類からチョイスできます。

サテン

繊維(アセテート)状の布地で作られたシール材料です。衣服の上にも貼り付ける事が可能で、ペンで文字を記入する事も可能です。イベントのスタッフ認証シールなど、コンサートライブやイベントなどでの利用が多いようです。

フィルム系素材

ポリエステルフィルム

一般的にPETと呼ばれている材料です。耐熱性、透明性に優れ、白、透明、マット、発泡、アルミ蒸着(金・銀)、ヘアライン加工タイプなどがあります。

ユポ

プラスチックを原料としたフィルム素材で、紙の特性(白さ・コスト)とプラスチックの特性(印刷適性)を併せ持っています。
容器リサイクル法の施行に伴い、容器やラベルにどんな素材を使用しているのかを記載しなくてはなりません。因みにユポ、ピーチコートの材料表記は「PP」となります。

塩ビ(白・透明・色)

一般的にPVCと表記することが多く、柔軟性や耐水性に優れ、主にステッカー用途などに適しています。一般塩ビのほか、耐候塩ビ、脆質塩ビなどがあります。色塩ビなどを使用する事で、カラフルなシールを作る事が可能となります。

機能性材料

リピール

一旦貼り付けたシールを、剥してから再度貼る事が出来るというのりの特性を活かしたシール材料です。(条件によっては再剥離の回数は制限されますので、事前のテストをお薦めします) 表面素材は上質、コート、グロスの他に、ユポやPETも取り揃えております。

テイセイ / 訂正

既に出来ているパンフレットなどの一部を訂正したい時に便利です。貼り付けた後に誤記部分が透けない様にシールの裏側がグレーになっていますので安心です。

カイフウ

貼ってあるシールを剥すと、特殊処理により、表面素材の一部が被着体に移行して「開封済」などの文字が現れる機能性シールです。商品・製品の未使用を証明するために使われています。クリアタイプとシルバータイプをご用意しています。


※クリアタイプ:表面素材に透明PETフィルム
※シルバータイプ…表面素材にアルミを蒸着させたPETフィルム

塩ビ脆性

表面基材として、ぜい質性を備えた脆いフィルムを使用し、剥そうとするとシール素材自体がボロボロに破壊してしまうシール素材です。ラベルの二次使用・転用を防ぐ目的で使用されています。

水溶

耐水印刷用紙「すいはく」(耐水コート片面)は、多湿環境や冷凍食品などのラベル用途で使用可能です。

プラコンシール

商品の配送・納品過程ではしっかりと貼り付けられているものの、プラスチック容器使用後の温水洗浄により、簡単に剥がせる温水剥離型シール素材です(PE・PP製コンテナ用)。印刷・印字方式により、表面基材はサーマル紙と上質紙の2タイプをご用意しています。

プライバシー保護シール

親展はがき用の個人情報保護(プライバシー)対策シール素材です。往復はがき用の積層タイプの製品に利用されています。

その他

蛍光、サーマルなども、取り揃えております。

ラミネート材料

印刷物の上に透明のフィルムを貼ることを一般的にラミネート加工と呼びます。ラミネート加工を施すと印刷面の保護や艶・耐水性・高級感などが出ます。ま た、特殊フィルムを使用することでマット感・シボ感を与えることが出来たり、紫外線をカットして印刷の退色を押さえることもできます。 用途によって下記の2種類を使い分けますが、勿論、ラミネートしなくても良い場合もあります。

ポリエステル(艶あり・消し)

ポリプロピレン(艶あり・消し)

 

 

  • 株式会社 ミナト・メディア(旧 港銘板工業所)
  • 〒108-0071東京都港区白金台2-11-5 TEL:03-3443-2155(代表) / FAX:03-3443-2157 / Web制作専用TEL:03-3443-8595
  • Copyright © Minato-media Co., LTD. All Rights Reserved.